東洋テクノ株式会社 ―技術と信頼で社会に貢献する―

既設RC造煙突の耐久・耐震診断

(財)日本建築防災協会 既存煙突対策委員会
東洋テクノ(株)建築本部

診断の目的

既存RC造煙突の耐久性及び耐震性の程度を知ることによって、今後の維持管理の方法を決定する資料とします。

  1. 定期診断 (現在、どの程度老朽化しているか)
  2. 老朽化が進んでいるので、緊急に調査したい。
  3. 震災を受けた。
  4. その他の災害を受けた。

調査に必要な資料

  1. 設計図書 (構造計算書及び設計図)
  2. 排ガス条件(使用燃料・排ガス量・排ガス成分・排ガス温度)
  3. 環境条件、煙突用途、築年数
  4. 過去の調査と補修記録

第1次診断(耐久診断)

ひび割れの発生状況
ひび割れの発生状況
ライニング材の損傷程度
ライニング材の損傷程度
シュミットハンマーによる
シュミットハンマーによる
非破壊試験

非破壊試験及び中性化試験
コンクリートコアの中性化試験
コンクリートコアの中性化試験
コンクリートコアの圧縮強度試験
コンクリートコアの圧縮強度試験

  1. ひび割れの発生状況
  2. 圧縮強度(静弾性係数)
  3. 鉄筋のかぶり厚さと発錆状況
  4. 中性化深さ
  5. ライニング材の損傷程度
  6. 仕上げ材の剥離
  7. X線回析
  8. コンクリートの物理試験
  9. コンクリートの化学試験

第2次診断(耐震診断)

診断方法の基本的な考え方は、建設当時の関連法規及び設計規準で設計された既存の煙突を現在の動的設計法の考え方に基づいて再検討します。

曲げモーメント比較表
  1. 必要曲げ耐力の算定
  2. 保有曲げ耐力の算定
  3. 第2次診断結果の判定
ページの最上部へ
Toyo Techno 東洋テクノ株式会社