東洋テクノ株式会社 ―技術と信頼で社会に貢献する―

その他の工法

場所打ち杭工事

深礎工法BH工法は、狭い敷地、傾斜地や搬入路に制限がある場合に用いられる工法です。

深礎工法

現在施工されている場所打ち杭の中では最も古く、掘削は人力または機械により行いつつ、鋼製波板とリング枠で土留めを行う。
孔内で鉄筋を組立、土留め材を取り外しながらコンクリートを打ち込む。

特長

  • 狭い敷地や傾斜地又は根切り面からの施工が可能
  • 湧水が多く、崩れやすい地盤には適さない

BH工法

大型のボーリング機械を使用し、ロッドの先端に取り付けた掘削用のビットを回転させ、先端より泥水または安定液を排出し、掘削された土砂は孔内の上昇流により孔口へ排出させて掘削する工法です。

特長

  • 狭い敷地、傾斜地、根切り面や屋内での施工が可能。
  • 泥水比重が高いので泥膜が厚く、残存スライム・生コンとの置換性に問題がある。

構真柱工事

場所打ち杭の中に入れた鉄骨(構真柱)を利用し、1階床を先行床とし地下工事と地上の工事を同時に行う工法で、建物の地下が深い場合などに用いられる。

杭の築造と同時に構真柱を正規の位置・深度に建て込む高度な技術が要求される工事である。現場ごとに構真柱の形状・寸法・仕様等が異なるため、個別に建て込み方法の検討が必要である。

名称 建込み時期 概要
先建て生コン打設前
  • 杭への根入れが長い、先端が閉塞な場合などに用いられる。
  • 柱の傾斜を制御する冶具を取り付けるため杭径が大きくなる。
先決め
後建て
生コン打設後
  • 建て込みの際にガイドとなるパイプを先に正規の位置にセットしておき、 生コン打設後にガイドに合わせ柱を建て込む。
  • 柱の形状によりガイドとなるパイプが大きくなり、使用するケーシングも大きくなる。
後建て 生コン打設後
  • もっとも一般的に行われている方法。
  • 杭への根入れが長い、先端が閉塞な場合などは建て込み不能となる場合がある。

その他工事

杭頭接合工法

場所打ち杭の杭頭を半固定状態とすることで、杭頭に集中する地震時の応力が緩和できる工法です。(P/Rパイル工法、キャプテンパイル工法などがあります。)

ページの最上部へ
Toyo Techno 東洋テクノ株式会社