東洋テクノ株式会社 ―技術と信頼で社会に貢献する―

会社沿革

1949年(昭和24年) 『東洋コンプレッソル株式会社』と『田中工業株式会社』の有志が結束し、
『東洋基礎工業株式会社』を福岡県八幡市に創立。
発足の当初はペデスタル工事に専念。
1952年(昭和27年) 本社を東京に移転。これに伴い、旧本社を八幡営業所に改める。
1955年(昭和30年) 杉村源太郎社長の死去により、杉村繁が代表取締役社長に就任。
1959年(昭和34年) 創立10周年を記念して、大阪営業所を開設。
1960年(昭和35年) 鉄筋コンクリート製煙突・サイロ及び高架水槽工事を開始。
1961年(昭和36年) バイブロ杭打機を開発。
1965年(昭和40年) 広島営業所を開設。
フランスのルイ・メナール博士考案のPSアンカー工法を導入
1967年(昭和42年) 旭化成のAHSパイルの販売代理店となる。
当社と他二社の共同出資により『海洋工業株式会社』を創立。
1969年(昭和44年) 創立20周年を記念して、厚木技術研究所及び名古屋営業所を開設。
当社重機械修理部門の独立により明和機械株式会社を創立。
1970年(昭和45年) リバースサーキュレーションドリル工法、海底調査工事を開始。
1971年(昭和46年) 薬液注入工法を導入。
1972年(昭和47年) パックドレーン工法を導入。
1973年(昭和48年) ケミコラム工法を導入。
地中連続壁築造工法を開始。
1974年(昭和49年) 創立25周年を記念して、仙台営業所開設。
VSL工法を導入。
1975年(昭和50年) 動圧密工法を導入。
1976年(昭和51年) タフネルドレーン工法、フリーフレーム工法を導入。
1979年(昭和54年) 創立30周年を記念して、新たに支店制度を設け、東京及び大阪営業所を夫々関東及び関西支店とする。
東洋式拡底リバース掘削機の開発に対して、財団法人機械振興協会賞、発明大賞笹川特別賞を受賞。
1980年(昭和55年) サンドコンパクション工法を採用。
1984年(昭和59年) 創立35周年を記念して、札幌営業所を開設。
NKTB場所打鋼管コンクリート杭工法を共同開発。
耐震杭工法を開発。
1985年(昭和60年) アースドリル拡底機を共同開発。
1987年(昭和62年) センターコア除去アンカー工法を採用。
回転式オールケーシング掘削(CD)工法を導入。
1988年(昭和63年) 杉村繁社長の死去により、杉村貢市が代表取締役社長に就任。
SKTB場所打鋼管コンクリート杭工法を共同開発。
VSL-J1永久アンカー工法を共同開発。
1989年(平成元年) Uターン除去アンカー工法を導入。
1991年(平成3年) CIを導入し『東洋テクノ株式会社』に社名変更する。
1993年(平成5年) 横浜支店開設。
1998年(平成10年) ガンテツパイル工法導入。
1999年(平成11年) NSエコパイル工法導入。
2003年(平成15年) 杉村貢市社長の死去により、米田和久が代表取締役社長に就任。
2007年(平成19年) new ACE工法を共同開発
ページの最上部へ
Toyo Techno 東洋テクノ株式会社