東洋テクノ株式会社 ―技術と信頼で社会に貢献する―

よくあるご質問

場所打ち杭工事は、現場の状況・杭の仕様・施工条件によって単純にはお答え出来ませんが、ご質問の多い簡単な事項をいくつかご紹介いたします。

Q1
オールケーシング工法の場合の施工可能な径は?
A1
  1. ベノト工法の場合
    φ1.0 , φ1.1, φ1.2, φ1.3, φ1.5, φ1.6, φ1.8, φ2.0
  2. スイングジャッキ使用の場合
    φ1.0 , φ1.1, φ1.2, φ1.3, φ1.5, φ1.6, φ1.8, φ2.0, φ2.3, φ2.5
  3. 全周回転工法(CD工法)の場合
    CD-2000 φ1.0 , φ1.1, φ1.2, φ1.3, φ1.5, φ1.6, φ1.8, φ2.0
    CD-3000 φ2.3, φ2.5, φ2.8 φ3.0
ただし、スイングジャッキのφ2.3,2.5及びCD-3000は特殊機械(機械が非常に少ない)なためご注意下さい。
Q2
主要工法の最大掘削深度は?
A2
  1. アースドリルの場合
    通常53.0m程度 特殊機械の場合は87.0mぐらい
  2. オールケーシングの場合
    杭径・地層にもよるため要相談
Q3
newACE工法(アースドリル式拡底工法)の場合の軸径と拡底径の関係は?
A3
下の表をご参照ください
ACE工法における施工範囲(軸径と拡底径の関係)
Q4
主な工法の略称の意味は?
A4
  1. ACE → 場所打ち杭のエース!! かな?
  2. CD → ケーシング(C)ドライバ(D)の略です
  3. KCTB → 鋼管(K)コンクリート(C)耐震(T)場所打杭(B)の略です
ページの最上部へ
Toyo Techno 東洋テクノ株式会社